勃起障害に立ち向かおう!

勃起障害でお悩みのあなた、今までつらいその悩みをたった1人で抱えていましたよね。もう悩まないで、勃起障害の原因や治療法について当サイトで詳しくご紹介いたします。さあ、確実に勃起障害を治していきましょう!

勃起障害と戦う男性

勃起障害の原因と治療法について


■勃起障害の治療に
メガリス
勃起障害の原因としては、まずは心理的な要因を挙げることができます。
ストレスや落ち込み、また性的事柄に対してのプレッシャーや嫌悪感、トラウマなどがあった場合は、性的刺激に対する集中や感受性が低くなってしまいます。
それにより勃起障害が引き起こされてしまうと言うわけです。この場合の治療法としては、もし、本人がそのことを認識できている場合には、それを解消することが求められます。
酷いうつ状態などの場合には治療薬が使用されることもありますが、たとえば溜め込んでいた思いを口に出す、パートナーと話し合いの場を設けるだけで解決することも多くあります。
もし、本人がそのことを認識できていない場合や、無意識のうちに避けているような事柄が関わっている場合には、まずはそれを特定することが必要です。
これは本人のプライバシーにも関わることなので、非常に繊細な治療が求められます。
それから性的刺激を十分に感じたとしても、それを陰茎に伝えるための神経系や、血管や血流に問題があると、それを原因として勃起障害が発生することもあります。
この場合は、その程度によって治療法が異なります。それほど程度が酷くない場合には、食事内容に気を配る、睡眠時間を確保する、適度な運動習慣を持つことなどで改善がはかられます。
しかし生活習慣病に該当しそうなくらいに酷い場合には、生活習慣病を治療することを第一にしながら、同時に勃起障害を改善するための治療薬が必要になることもあります。
ただし生活習慣病の治療薬と勃起障害の治療薬には相性もあるので、医師への相談が必要不可欠です。
また手術や外傷によって神経系や血管にダメージが残り、勃起障害が引き起こされることもあります。これは、ある程度はやむを得ない側面を含んでいます。
しかし最近では、こうしたことを回避するための手術法や治療薬も出てきているので、治療法としてはそれらを選択することが挙げられます。

勃起障害を治すためにかかる費用は?

勃起障害を治療する際に最も有効な治療法となるのは病院で診察を受けて治療薬を処方してもらう方法です。
現在では全国各地に勃起障害の治療に対応した病院や専門クリニックが出てきていますから、治療を望むのであれば離島などの一部地域を除いていつでも病院にかかることが出来ます。
ただそうした際には当然費用がかかるものですし、何より問題になるのが勃起障害治療は自費診療になるということです。
これは現在の日本の健康保険制度において生命や生産性に関係しない体調不良の治療は個人の判断で行うものであるという判断があるからです。
そのため勃起障害治療は費用が自費負担となってしまうわけです。
ではその費用はいくらくらいなのかというと、自由診療分野であるためそれぞれの医療施設によってかなりの差があります。
ただカウンセリングなどを無料にしている場合には精々勃起障害治療薬の処方費用がかかる程度になりますので、この場合ですと1錠あたり1300~2500円程度がかかってくるとして見込んでおく必要があります。
ここでもかなり幅広い価格設定があるのですが、これは勃起障害治療薬の薬価が定められていないため病院や調剤薬局で価格が設定されるからです。
最も多く使われているバイアグラ25mgでも1300~2000円と価格に開きがありますので、ここは受診する医療機関に確認するほかありません。
ただ一般的に思われているように「治療をしようとすると数万円かかる」といった考え方は正しいとは言えません。
もちろん一度に多く薬を処方してもらうなどのことになれば数万円がかかることもありますが、少なくとも薬を必要最低限だけ処方して、カウンセリングを受ける程度であれば5000円程度あれば診療を受けられることが多いのです。
もし勃起障害治療に関してより深く知りたいのであれば、最寄りのクリニックなどに相談をしてみましょう。
■バイアグラにもジェネリック治療薬があるのをご存じですか
バイアグラジェネリック

勃起障害に効果のある食事とは

意外に思われるかもしれませんが、勃起障害と食事の間にはとても深い関係があります。
これは私たちの体の中の機能は、食事から摂取した栄養によってその役割を果たしているからです。勃起に関して言えば、神経系や血管、血流の状態は、食事によって大きく左右されると言っても過言ではありません。
ですから食事の力を借りて、勃起障害を予防すること、あるいは改善することも、ある程度は可能だと言うことができます。
では、どのような食事が勃起障害に対して効果があるとされているかと言うと、まずは魚介類です。魚介類に含まれている油、不飽和脂肪酸は、油でありながら血流を促進させる効果があると言われています。
血流が促進されると勃起障害の予防、改善にも効果を期待することができます。中でもうなぎと牡蠣は非常に効果が期待できる食材で、うなぎには血流の促進と共に、ビタミンAやビタミンEによる生殖機能の活性化やホルモンバランスの維持が期待できます。
一方の牡蠣には亜鉛が豊富に含まれています。亜鉛は男性ホルモンの代謝や、前立腺の活動に必要不可欠な栄養ですから、これを補うことは男性機能の維持にも役立つとされています。
それからビタミンやミネラルは、体内の代謝を促進させ血流を良くする作用を持っていますから、海藻類や野菜も摂取することが推奨されます。
体の冷えがあると言う方は、それを解消するために生姜やにんにく、玉ねぎやニラと言った野菜を食べるようにすると、冷えの解消と共に勃起障害の予防にも効果が期待できます。
疲れが溜まったりすると元気をつけるためにお肉を食べると言う方は多いです。お肉のタンパク質も、やはり勃起障害を予防するために、そして健康的な体作りのためには欠かすことができない栄養です。
しかしお肉の脂質は、血流を停滞させる要因にもなり得ます。ですから食べるのであれば、脂身の少ない赤身肉がおすすめです。
■食べた後でも効果が出る?気になるカマグラゴールドの効果
■勃起障害には長時間効果のある薬で解決!
シアリス